生分解性フィルム

生分解性フィルム

生分解性フィルムは、生分解性プラスチック(グリーンプラ)を使用して作られたフィルムです。
石油由来フィルムと同様に使用することができます。
しかし、使用後は自然界の微生物によって、水と二酸化炭素に分解され、自然に還るプラスチックです。

生分解性フィルム

生分解性フィルムのメリット

  • 土中の微生物によって、最終的には水と二酸化炭素に分解される。
  • 焼却した場合、焼却炉を傷付けることがなく、クリーンで地球環境への負荷が著しく低い。
  • 二次加工が可能。

製品可能な生分解性フィルム

  • ポリエチレンフィルム PE
  • ビニロンフィルム(ポバールフィルム)VF

プラスチックフィルムの主な燃焼生成ガスと発熱量

種類 塩化水素 二酸化炭素 一酸化炭素 発熱量(KJ/kg)
ポリエチレンフィルム 約46,000
ポリプロピレンフィルム 約46,000
塩化ビニルフィルム 約19,000
ポバールフィルム 約24,000
木片 約19,000

製品使用例

画像はイメージです。

  • 製品袋

    製品袋

  • レジ袋

    レジ袋