バイオマスフィルム・ボタニカルインキ

バイオマスフィルム(植物由来)

カーボンニュートラルの法則

バイオマスフィルムについて

バイオマスとは「バイオ=生物資源」「マス=量」のこと。再生可能な有機資源で化石資源を除いたものを指します。
中でも植物由来のもの(主にサトウキビやトウモロコシなど)は、成長過程において大量のCO2を吸収しており、焼却処分されても発生するCO2はそこで差し引かれることになります。つまり、実質的なCO2の増加にはつながりません。植物由来の樹脂を混ぜることで環境対応型のフィルムを作ることができるのです。

バイオマスフィルムのメリット

  • 枯渇性資源である石油からバイオマスへの移行による化石資源への依存度低減
  • カーボンニュートラルの法則によるCO2排出の削減
  • 海洋プラスチックごみの海洋環境への環境低減
バイオマスマーク

バイオマスマーク

バイオマスマークは、植物由来の資源(バイオマス)を活用し、品質及び関連法規、基準、規格などが合致している環境商品に付与されます。

バイオマス利用型の社会とは

地球にかかる負荷が軽減されます

バイオマス利用型の社会とは

製品使用例

画像はイメージです。

  • 洋服カバーロール

    洋服カバーロール

  • 製品袋

    製品袋

  • ビニールショッパー

    ビニールショッパー

  • 宅配袋

    宅配袋

ボタニカルインキ

ボタニカルインキ

弊社では、環境配慮の観点からボタニカルインキを使用。
ボタニカルインキは、化石資源に代わるバイオマス資源(生物資源)の中でもとりわけCO2
排出量の削減効果が高いといわれている、植物由来の材料を使用しております。
バイオマスフィルム+ボタニカルインキの組み合わせで、より環境に配慮した商品をご提供いたします。